純粋なのは不死ばかり

文を隠すなら森。

文学フリマ東京38に参加してきました!

f:id:is_jenga:20240520143404j:image
 大學の研究会のまだやりたりない人たちで立ち上げた掌編小説読書會、文フリに参加するのはこれで四回目なんですが、去年は自分が売る側であまり出られなかったり、欲しい本が根こそぎ売り切れてたりしたので、今回はリベンジのような気持ちでフル出場できて本当に楽しかった!!同人でブースに座りながら「みんな通り過ぎてくね……」みたいな会話をしながらぼんやりするのも出店しなきゃできないし、やっぱり最後のみんなで片付けしよう!という時間が高校の文化祭みたいな、「祭りの終わり」「最後の花火」みたいで一番好きだった。あの時間を味わいたくて出店してるのかもしれない。

f:id:is_jenga:20240520143530j:image
 文フリはどんどん規模が大きくなっていて、この会場でやるのも今回が最後。次回はなんと東京ビッグサイトというので(今回入場料制になったことにも賛否があるみたい)、今回この場所でこの時間を味わえて本当に満足でした。売り上げは例年通り今年もしょっぱかったので、冬の文フリは「やっぱりテーマを決めて特集号をやった方がいいか?」みたいな話をしています。のんびり書いていきたいな〜

f:id:is_jenga:20240520143543j:image
#文学フリマで買った本 
 今回は前回の反省を活かして開場してすぐ目星のブースをまわってほとんど買い揃えることができたんですが、当たり前なんですけど、最初の一時間でお金を使い果たしてしまって……あまり「遊び」の本というか、ここでしかない「出会い」の本はあまり買えなかった。帰ってきて色々感想とか記事読むとやっぱりみんな人多すぎ!会場広すぎ!問題というか全部見るのですら一苦労という感じは共有してるのかな。まぁガツガツせずに後半はのんびり回れたのでそれも楽しかったです。

f:id:is_jenga:20240520143638j:image
 あとTwitterとか色々なところでフォローしてる人のブースは本人が売りにきてることが多いので、そんなに話すわけじゃないけど生で見るのははじめてだな〜みたいな感慨があるのも文フリならでは。篠崎誠監督本人からサインと訂正の書き込みもらえたのはすごい嬉しかったです。みんなも来よう!文フリ!財布の紐は緩くなりがちだけど!!

f:id:is_jenga:20240520143655j:image
f:id:is_jenga:20240520143700j:image
f:id:is_jenga:20240520143657j:image